ウコンなどの健康食品、健康茶、美容食品の通販サイト

健康茶をより美味しく!お茶の味わいは水質や温度で変化する

健康的な習慣として、様々な野草やハーブを配合した健康茶を飲まれている方は多いと思います。皆様はお茶をいれるとき、どのような水を使用していますか?健康茶をより美味しくいただけるように、水質や温度で変化するお茶の味わいについてご紹介します。

水質や温度で変化するお茶の味わい

水質や温度で変化するお茶の味わい

お茶には微酸性の軟水が最適

水道水や浄水器を通した水、ミネラルウォーターなど、ご家庭によって様々な水をお使いかと思いますが、お茶に最も適した水は微酸性の軟水だと言われています。

日本の水はほとんどが微酸性の軟水であり、水道水もお茶をいれるには良いのですが、水道水には塩素などが含まれているので、必ず一度沸騰したお湯を使うようにしましょう。

また、ミネラルウォーターの場合は、ボトルに硬度が記載されているので、軟水であるかチェックすることをおすすめします。

茶葉によって異なる温度

お茶は温度によって、浸出する成分が異なります。渋味の元となるカテキンは高温の80度以上、旨味の元となるアミノ酸は低温の50度以上で溶けだします。

そのため、茶葉によって美味しさや成分が引き出される温度が異なり、玉露は50度、煎茶は70~80度、ほうじ茶・玄米茶・紅茶は100度以上が最適です。

沖縄の環境がより栄養価の高い植物を育てる

沖縄の環境がより栄養価の高い植物を育てる

独特な地理・気候的な条件がマッチして、古くから様々な植物が風景を彩ってきた沖縄。亜熱帯気候の沖縄では、色鮮やかな農作物が多く見られます。これは紫外線を吸収しないように植物自身が生み出した、植物色素によるものです。色鮮やかな農作物には、植物色素であるアントシアニンやクロロフィルに加え、ビタミンC、葉酸などが多く含まれています。

また、サンゴ礁に囲まれた沖縄では、土壌にもミネラル分がたっぷりと染み込んでおり、その土で育まれた農作物にも、カルシウムやカリウム、マグネシウムなどが豊富に含まれているのです。

かなう通販では、このように栄養豊富な沖縄の植物を使用し、様々な健康食品や健康茶を販売しております。水質や温度にひと手間かけて、自然の恩恵を存分にお楽しみください。

健康維持のために美味しい健康茶をお探しの方は、どうぞかなう通販をご利用ください。

かなう通販では、健康茶や美容食品の他、太陽と海の恵みをいっぱい受けた野草を配合した健康食品などを販売しております。

一杯ずついれたいときに役立つティーパック、つくり置きに便利な大きめサイズも用意いたしましたので、お好みのタイプをお求めください。

かなう通販は毎日飲める健康茶を販売しています

販売業者 有限会社 沖縄長生薬草本社
店名 かなう通販
運営責任者 石川 多伽子
住所 〒901-1400
沖縄県南城市佐敷仲伊保116−1
電話番号 098-947-3214
ファックス番号 098-947-3219
メールアドレス kanau@cho-sei.co.jp
URL https://www.cho-sei.co.jp/
取扱商品 ウコンやクミスクチンなど沖縄栽培をメインとする薬草の加工品 、健康茶、自然食品等。
企業理念 薬草を源に、皆様の健康の為に、技術と真心で奉仕します。