ウコンなどの健康食品、健康茶、美容食品の通販サイト

沖縄産ウコンの飲み方や世界各国での使われ方
ウコン粒・粉末の通販

ウコンを毎日取り入れたくても、飲み方に迷ってしまうという方は少なくありません。

そこで今回は、沖縄ウコンの飲み方をタイプ別でお伝えします。また、世界各国で異なるウコンの活用例をご紹介します。

沖縄ウコンの効果的な飲み方とは?粒・粉・スライス・生ウコンにわけて解説

沖縄ウコンは、形状によって飲み方が異なります。

粒タイプ:30粒を1日2~3回にわけて飲む

粒タイプの沖縄ウコンは、1回10粒を目安に1日2~3回、水かぬるま湯でお飲みください。

粉末タイプ:スプーン1杯(1g)を目安に飲む

粉末タイプの沖縄ウコンは、1g(ティースプーン1杯程度)をそのまま口に含み、水かぬるま湯でお飲みください。お茶として飲む場合は、10g程度の粉末ウコンを、1.8リットルの水かお湯に溶かして飲みます。粉末タイプは、量を調節しながらウコン茶として活用できます。

スライスタイプ:煮出してから飲む

ウコンを薄くスライスし乾燥させたものは、お湯に適量を入れて2~5分煮出してお飲みください。お茶として飲む場合は、ミキサーで粉末状にしてからお湯を注いで飲みます。

生ウコン:すりおろして飲む

ウコンとウコンのドリンク

料理の食材としても使える生ウコンは、すりおろして飲むのがおすすめです。お湯に溶く場合は1日10g程度を目安にし、生のウコンを煮出す場合は10~15gに対し、2リットルの水に入れて沸騰させてお飲みください。その際は、そのまま飲むのも良いですが、冷蔵庫で冷やして飲むのもおすすめです。

ウコン粒・粉末を通販で購入する際は、かなう通販をご利用ください。定期購入のサービスもご用意しており、お得にお求めいただけます。

世界各国で異なるウコンの使われ方

ウコンは、沖縄以外にも世界各国で利用されています。

インドをはじめとする東南アジアや中東では、ウコンを食用に使っています。食品に香りをつけたり、色をつけたりするためにウコンが役立っているのです。また顔に塗って日焼け止めとしても使われているようです。タイやベトナムなどでは、肌に塗るクリームとしてウコンを使用しています。

また、イギリスでは伝統料理に欠かせない食材として知られています。中東や北アフリカでは、米料理や野菜料理、肉の煮込みなどにウコンを加えて食べられています。

沖縄ウコンの通販をお探しならかなう通販へ

培土の作業を行う男性

ウコンは、世界中で料理のスパイスとして利用されています。料理に味や色をつけて楽しむのはもちろん、健康維持のために取り入れている方も多くいらっしゃいます。

ウコンを無理なく毎日取り入れたいという方は、かなう通販が提供している商品をご活用ください。料理にも使える粉末タイプはもちろん、飲みやすい粒タイプの沖縄ウコンを通販でお届けしています。通販を利用するにあたってご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら(0800-111-8989

沖縄産のウコンを購入するならかなう通販で

販売業者 有限会社 沖縄長生薬草本社
店名 かなう通販
運営責任者 石川 多伽子
住所 〒901-1405 沖縄県南城市佐敷仲伊保116−1
電話番号 098-947-3214
ファックス番号 098-947-3219
メールアドレス kanau@cho-sei.co.jp
URL https://www.cho-sei.co.jp/
取扱商品 ウコンやクミスクチンなど沖縄栽培をメインとする薬草の加工品 、健康茶、自然食品等。
企業理念 薬草を源に、皆様の健康の為に、技術と真心で奉仕します。